ダークなひととき

八丈島レグルスダイビングの新人スタッフ、しょうたの成長記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オビブダイ、オオモンハゲブダイとの戦い ~潜水案内沖縄Vol.5~

ブダイを追いかけまくった1週間を思い返すと、
「もう2度目はいいっかな」なんて感じるほど大変でした。
大変だったとぶーたれてはいますが
“図鑑”という外的要因とはいえ、目的を持って潜ることはいい機会でした。
大変だったけど、楽しかったな~。

いっちょ前に、ブダイのこと知った風な顔して
「警戒してこっちを見ている目がむしろかわいい」とか
「このブダイの模様がかっこいい」とか言えちゃいます。

オビブダイのオス
オビブダイDSC_0261

少し若いオビブダイ雄
オビブダイDSC_0396

オビブダイのメスは体側に白い帯が入る。この目ね、見られてる感かわいいでしょ笑
オビブダイDSC_0498

これに似るオオモンハゲブダイのメス。
水中で見ると見分けが難しいところ、尾びれが白いことが相違点。
オオモンハゲブダイDSC_0547

こちらの幼魚は体側に薄く白帯が出現していて、
尾びれが白くないので、オビブダイの幼魚かなと思っています。
オビブダイDSC_0985

オオモンハゲブダイのオスは名の通り、
目の後ろから大きく広がるオレンジ色の斑紋があります。
オオモンハゲブダイDSC_0481


スポンサーサイト
  1. 2015/10/30(金) 10:37:52|
  2. ブダイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イチモンジブダイの雌と戦う ~潜水案内沖縄Vol.4~

沖縄で撮ってきたブダイを紹介する今回のシリーズでは、
ほとんどの種で冒頭に「これは撮影種リストにはないが」と断らないといけません。
昨日、写真を整理したらブダイだけで19種も撮っていたんです。
ところが、その内リストに載っているのはたったの1種。
よくもまあ無意味に18種も追いかけたな、と飽きれてしまいますが
こういう機会でもないとブダイに目を向けることもなかったはず。
そう思ったので図鑑に掲載されるかどうかは関係なく追いかけたのです。


なんて、かっこつけてみました。。
先にも言った通り、どれが掲載種かわからなかったもので
片っ端から撮っていった結果として、1種だったわけでした。


八丈でも雄が見られるイチモンジブダイだって、必死に追いかけちゃうんだから。
イチモンジブダイDSC_0755

体側の中央上に白い斑点がある種を発見した、と思って撮り、
イチモンジブダイDSC_0674

今度は体側中央に緑色の斑紋があるやつを見つけた、と撮ったところ
イチモンジブダイDSC_0753
まさかの、同一種。
色彩が異なるのは個体差というわけではなく、
ブダイの仲間は瞬時に体色を変えることができるんです。
そのため、ずっと同じ個体を追いかけていたつもりが
途中で見失ってしまうなんてことがよくありました。
たとえ目の前に1匹しかいなくても(笑)


たった5日という限られた期間だったので、
幼魚のステージまで追いかける余裕はありませんでした。
そこまで網羅するのは八丈での課題としておいて、
この種は、運よく幼魚の色彩にあった複数の白い縦線が
消えたばかりと思われる子供を撮ることができました。
イチモンジブダイDSC_0256


幼魚のステージも見分けて、各ブダイフォルダに追加していきたい
とブダイ熱はまだまだ燃えているのでした。

  1. 2015/10/29(木) 19:55:54|
  2. ブダイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハゲブダイとの戦い ~潜水案内沖縄Vol.3~

可能な限り、“鰭全開”を狙ってはいたものの
どうしても撮ることができなかった種がたくさんあります。
メスだけ、オスだけ、しか撮れなかった種もいるわけで、
むしろオスメスを揃えられたことが十分な成果と言えるんじゃないか、
と思いたくなるくらいブダイはすばしっこく、撮影は難しかったです。

今回のハゲブダイも撮影種リストには載っていないもの。
ただ、沖縄では最も多く見かけた種。
あれだけたくさんいたのに、1度も鰭全開が撮れなかったのがとても悔しい。


色彩はバリエーションに富み、見慣れるまでは同じ種として見分けがつきませんでした。
オスの特徴は、腹部に2本のラインが入ること。
ハゲブダイDSC_0426
ちなみにこの個体は、水中で一際輝いて見えたので婚姻色かも。

目の後ろにも2本ラインがあって、薄い個体もいるけど僕はこれで見分けていました。
ハゲブダイDSC_0251

唇がピンク色のラインで囲まれていて、これも見分けるポイントに使えないかしら。
ハゲブダイDSC_0766

胸鰭にある暖色のラインも目立つ特徴。
ハゲブダイDSC_0562
ところで、ブダイの多くはダイバーを見かけるとうんこを垂れ流しながら逃げていく。
威嚇や目くらましの意味があるそうで。



一方、メスは幼魚のときから尾柄部(尾びれ付け根)に白帯と暗色斑がある。
ハゲブダイDSC_0499

白帯については個体によって黒ずんだものもいてこれまたややこしい。
ハゲブダイDSC_0399

こうしてバリエーションを何枚も並べてみると、
尾柄部の模様がオスとメスでなんとなく似通っている気がしてくる。
ハゲブダイDSC_0485
Nikon D80, 60mmマクロ

  1. 2015/10/28(水) 21:03:29|
  2. ブダイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キビレブダイとの戦い~潜水案内沖縄Vol.2~

よく見かけるんだけどなかなか寄れなかったキビレブダイ。
加藤さんから託された撮影種リストには載っていなかったけど、
とにかくよく目につくので一番最初に認識した種。

ブダイを撮る腕試しに、と見かける度に追い回すも全く寄れず。
というのも沖縄ではブダイを食べる習慣があるため、
ものすごい警戒心が強いのです。
大型の種ほどその傾向が強いということなので、
キビレブダイなんぞにつまずいていては大ボス「コブブダイ」なんて足元にも及ばないぞ、
と初日から戦々恐々とする昇太でありました。
(実際、コブブダイは遠くにちらっと影を見ただけでぎゅんぎゅん逃げられてしまったわけですが。。。)


追っかけるのは無駄だと分かったので、
それならば捕食に集中している隙を突こう、とするも
近づくたびに少しずつ移動していくもんだから、いつまでたっても距離を縮めることができない。
向こうから泳いでくるのをじっと待ってみても、そのまま泳ぎ去っていくだけなのでヒレは開いてくれない。
キビレブダイDSC_0465

やっぱり追いかけなきゃだめじゃん、と結局ヒレが開かれる瞬間をモノにするまでとにかく追い回す。
食べないから、傷づけないからお願い!という気持ちでとにかく追い回す。
ヒレを開いた!とシャッターを切っても、遠すぎてストロボの光が届かない。
Photoshopで無理矢理色を再現した分ぎっとぎとで違和感のある写真になっちゃった。
キビレブダイDSC_0474

津波古さんとうまいこと連携して挟み撃ちにすることができたものの、
追い込んだ先が暗がりで、今度は露出に失敗。これまたPhotoshopで救済。
キビレブダイDSC_0431


メスも、メスでどんくさそうに見えて
カメラを向けるとそそくさと逃げていくし、ブダイを撮るのは難しくて燃える。
キビレブダイDSC_0491

人の恐ろしさを知らない子供は、ワンテンポ反応が遅くて比較的撮り易かった。
キビレブダイDSC_0872
Nikon D80, 60mm マクロ


  1. 2015/10/27(火) 21:29:50|
  2. ブダイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベラ・ブダイとの戦いが始まる スジブダイ ~潜水案内沖縄Vol.1~

再び沖縄に行ってきました。
前回同様、ガイドは潜水案内の津波古健さん。
春に沖縄のスズメダイとベラを見せてくださいって遊びに行ったときは、
「このベラならここ」、「あのスズメダイならここ」とポイントを的確に選択してくれました。
今回の沖縄ツアーに際して、加藤さんからベラ・ブダイ図鑑のために
“南方のベラとブダイを撮ってきて”と言われていて、
その使命を全うするには津波古さんの力が必要不可欠でした。

様々なネットワークを持ち、多くの人から写真を拝借することができるはずの加藤さんが
わざわざ「撮ってきて」というくらいですから、撮影種リストに載っているベラとブダイは
超高難度だったわけで、、、行けば撮れると少し甘く見ていた僕は、
ひーひー言いながら沖縄の海を泳ぎ回ることになりました。

この時の様子が、津波古さんのブログ「島んちゅガイドのダイビング日誌」で紹介されています。


ところで、僕はこれまで目の前を泳ぎ去っていくブダイが何ブダイなのか考えたこともなく、
リストにあるブダイがどれなのか分からない状態でした。。。
なのでそれが八丈で見たことありそうな種だったとしても、
とにかく手当たり次第に撮影。
潜っては図鑑。そして潜って。

その甲斐あって、だいぶブダイの名前覚えたよ!


~今日の1種~
スジブダイ雄
スジブダイDSC_0351

スジブダイ雌
スジブダイDSC_0397


  1. 2015/10/26(月) 19:18:19|
  2. ブダイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

しょうた

Author:しょうた
八丈島のレグルスダイビングにて日々修行中の身。
アイコンは親方に作成してもらいました。
何故かダークなイメージを持たれている様子。
ブログのタイトルも考えてくれました。

コンパクトデジタルカメラcanon S90で水中写真の練習中


Facebookもやっています。
Ishino Shotaで探してみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (104)
UPIS (305)
水中撮影のコツ (12)
八丈の夜はHOTけNIGHT! (50)
八丈島観光 (4)
水族館デートでモテる (1)
ゲストとフォト (2)
歳時記 (0)
ビデオ (1)
産卵記録 (2)
新世代ガイドブログ (17)
ブダイ (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。