ダークなひととき

八丈島レグルスダイビングの新人スタッフ、しょうたの成長記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水族館デートでモテるためのうんちく 「トリガーフィッシュ」

学生の頃、私が所属していたダイビングサークルでは都市伝説のように語り継がれている言葉がある。


「水族館でうんちくをかたる男は、うざい」



この言葉に縛られるあまり、いつしか人と水族館に行っても不自然に口数が減る始末。
しかし、ここで一言言わせてもらえば

そんなはずない・・・!

雑学に詳しいやつって割と魅力的で、かっこよく見えたりするわけで、
うんちく語ってうざいということは、そもそも他の点で何かしら問題を抱えているのでしょう。

ということで、周りから白い目で見られても構わないという考えをお持ちのあなたのために
水族館デートで語ったらモテる小ネタを集めてみよう!と思い立った次第であります。
※日頃ダイビングをしていて気づいたことをインターネット、図鑑、人から聞いた話などをもとに
それっぽくまとめてみるだけなので信憑性とか確実にモテるとか保証はできませんということを予め断っておきます。


さて、第1回目は「トリガーフィッシュ」のお話
tsumajiromongara20140205.jpg
根の隙間に挟まってしまっているこいつ、名をツマジロモンガラと申します。
モンガラカワハギ科の仲間です。
今日ダイビング中に見かけた時点でこの状態でした。
いったい何をしているのか、というと

ご覧の通りです。挟まっているのです。


このモンガラカワハギ科、英名を「triggerfish」と言います。
トリガーフィッシュです。
写真からは分かりづらいのですが、モンガラカワハギ科の仲間たちは皆
背びれを立てた状態で固定することができます。
この、背びれを固定したり解除したりする構造が、銃の引き金のそれと類似していることが英名の由来だそう。
彼らは、身の危険を感じると根の隙間に入り込んでこの背びれを立てます。
背ビレがストッパーの役割を担うことで、引っ張っても抜けなくなるわけです。

確かに、今日私が見かけたツマジロモンガラくんもピタッと隙間に収まっているように見えますね。

モンガラカワハギ科には他に
体の下半分が白い水玉模様のモンガラカワハギや
金色の体色に赤い尾ひれのナメモンガラなど、派手な模様が人気な仲間がいます。
名前の響きからは攻撃的な印象を受けるトリガーフィッシュですが、
名前の由来を知るとなんだかかわいらしく感じられますね。
模様以外にも彼らの行動に目を向けてみると面白そう。


今日の彼は、いったい何から逃げようとしたのでしょう。
「なんか挟まってるやついる・・・」と見つけたときには数mは距離があったので
もし私にビビったのだとしたら、かなりの臆病者です。

スポンサーサイト
  1. 2014/02/05(水) 20:33:52|
  2. 水族館デートでモテる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

しょうた

Author:しょうた
八丈島のレグルスダイビングにて日々修行中の身。
アイコンは親方に作成してもらいました。
何故かダークなイメージを持たれている様子。
ブログのタイトルも考えてくれました。

コンパクトデジタルカメラcanon S90で水中写真の練習中


Facebookもやっています。
Ishino Shotaで探してみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (104)
UPIS (305)
水中撮影のコツ (12)
八丈の夜はHOTけNIGHT! (50)
八丈島観光 (4)
水族館デートでモテる (1)
ゲストとフォト (2)
歳時記 (0)
ビデオ (1)
産卵記録 (2)
新世代ガイドブログ (17)
ブダイ (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。