ダークなひととき

八丈島レグルスダイビングの新人スタッフ、しょうたの成長記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コケギンポでトリックアート

今日は思うところあって、コケギンポを狙いに。

花畑の中のコケギンポを日の丸構図で撮りたかったんですが、
思ったようには撮れませんでした。



というより、そんなことどうでもよくなるほどの衝撃が!
僕、目を疑うってほんと久しぶりに感じた気がします。

上の写真の、ここに注目!
kokeginpo201502164.jpg


なんと、





















なんと

















動いたんです。
kokeginpo201502162.jpg
コケギンポも思わずビックリ笑



撮ってたら、突然コケギンポの左側が遠くへ移動していくではありませんか。
ファインダーごしに見えるその光景に唖然としました。


急いでカメラを外し、直に見てみると
そこには


カニが。
kokeginpo201502163.jpg
Nikon D80, 60mmマクロ


なんでもっとちゃんとカニ撮らなかったんだろう。
あまりの出来事で、足早に逃げてきてしまいました。




は~、ちょ~ビビった・・・

スポンサーサイト
  1. 2015/02/16(月) 19:46:50|
  2. UPIS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪降るコケギンポ

いわせてもらえば、「写真はスポーツである」



かっこいいこと言った風だけど単に、
毎日うねうねの海に潜って写真を撮っているから
体がボロボロということ。

岩の隙間に体を入れたらそこで両足を広げて体を固定。
そんなことしながら
人力じゃあ到底太刀打ちできないようなうねりに抗っているから
太ももとか、足首とか、慢性的に筋肉痛(笑)


そんな思いしながら今日も写真を撮ってきました。
海がそんな状況なので、砂だなんだと舞い上がっていて
普段ならなるべく写し込まないようにしているんだけで
どうせなら利用してしまえ!ってことで

kokeginpo201502152.jpg
Nikon D80, 60mmマクロ

八丈に暮らしていると雪なんて見ないから、雪が降る光景がとっても懐かしい。
雪っていう割にはハレーション少ないけど。。。

  1. 2015/02/15(日) 20:26:13|
  2. UPIS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水面キラキラ写真奮闘記

このブログにもちょくちょく出てくる宿のあんちゃん。
何故だが僕の考えているとこが手に取るように分かるらしく、
ただ立っているだけなのに、「今気持ち悪いと思っているでしょ」とか
僕のブログを読んでいてくれていて、「しょうたくん、そろそろカンザシ飽きてきたでしょ」とか
ずばっと僕の心境を言い当てるんです。

そんな宿のあんちゃんにこの前言われたのが
「水面キラキラな写真撮ってよ」



驚いたことに、
ちょうどその2日前から水面に反射する光を写真に活かしたいと思っていたんです。
・・・いったい何者なんだ笑


とはいっても、そう簡単に撮れるわけもなく、
小魚が群れている背景にしたいな~というイメージだけは持っていました。
晩夏だったら水面にキビナゴが群れていたのにな~と、半ば諦めていたんですが
なんと、いたんです。

見つけたのは4日前。
いつものように水底を這ってウミウシを探していると、なんだか光が遮られる。
雲に隠れた感じとはちょっと違う感じを覚えたので水面を見上げると
なんと小魚が1,000匹ほど群れて、あっちへこっちへ移動しているではないですか。
ムツやキビナゴとは違う気がする、なんだろイワシかな?


これはチャンス!と夢中になってシャッターを切り続けました。
iwashi20150210.jpg
Nikon D80, 105mmマクロ

結果は惨敗。。。
全然イメージ通りに撮れない。


原因は焦り過ぎてポジショニングがうまく取れなかったことと、
雲の動きを意識できなかったこと。



それからは寝る間も惜しんでイメトレです。
午前中なら太陽は東、午後なら西。自分が向く方向は・・・。
そして、一番の問題はカメラのアングルによって水面の反射が写り込む明暗度合いが違うこと。
ちょっと下を向くと、上の写真のように水面写らないし、上を向き過ぎると全部真っ白。
サカナを追いかけると水深も変わってアングルも変わるし。



翌日も、その翌日も挑戦しようとしたんですが天候に恵まれずあえなく断念。
困ったことに、群れの数が日ごとに半分になっていくんです。
まさに激減。



今日なんか、両手で囲える程度の数しか残っていないんだもん。
これはあせったな~笑




今日がラストチャンス!と覚悟決めてバシっと決めてきました。




Nikon D80, 60mmマクロ



色合いといい、イメージ通りすぎる・・・
ううう・・・泣きそう。。


  1. 2015/02/14(土) 20:37:07|
  2. UPIS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラマに主役は1人でいい

2/2の新世代ガイドブログに投稿したウミウシの写真ですが
実は裏話があって、それも良くない話。

僕が狙っていたのは、
「背景に赤や黄色、緑やピンクなどを持ってきてカラフルにしたい!」
ただそれだけでした。


これまでのしょうた’s写真Lifeをおさらいすると、
1.背景をすべてぼかした写真から始まり、
2.バックにカンザシを持ってくることを覚え、
3.ストーリーを持った写真を撮ることを意識するようになった。←今ここです。


でもこの「ストーリー性」がどうにも難しい!





次の新世代ガイドに投稿する写真をどうしようか迷っているとき、
丁度僕の頭の上に飾られているカレンダーに目が留まりました。
それは加藤さんが趣味で作ったもので、
1月に使われていた写真は「ウミウシの背景にキサンゴが咲き乱れている」ものでした。

これいい!

すぐに海へ行ってキサンゴが綺麗に写りそうな場所を探します。
そして、うまく複数の色が写り込む場所を見つけました。
背景にカラフルなもの持ってくる、第一の目的は達成しました。



そうして撮れたのが今回の写真です。





これを見た加藤さん、
「撮り直し」




がーーーーん。。。




何がいけなかったかというと、
主役があいまいになっていたこと。
僕は背景がカラフルであればなんでもいいと思っていたので、
ウミウシの役割について全く考えていませんでした。

その結果、ウミウシも変に表情出て存在感あるし、背景も色がたくさんあるうるさいものになってしまった、
ということなんです。



今まではサカナが主役で、
それを引き立てるようにカンザシやイソギンチャクをもってきていたわけです。
今回初めて背景がメインの写真を撮ろうとしました。
そのために、ウミウシはただそこにいればいいだけだったんです。
つまり、ウミウシはわき役としてそこに写りこんでいるだけでよく、
その写り込みが背景を引き立たせるようなものであればなおよいということ。






「ドラマに主役は1人でいい」




はい、めいげーーーーん。






どうしたら背景が引き立つか、一つ案を授かったので
近日中に撮れればいいなと思っています。






とりあえず、今日の写真。
先日フライングタートルを撮ったときに
もっと雲っぽい方がいいなと感じていて、
そしたらさっそくそんなチャンスが訪れたんです。
今日に限って近くにカメいなかったけど、、、

namishibuki20150204.jpg
Canon S90


  1. 2015/02/04(水) 19:32:51|
  2. 水中撮影のコツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇宙人に占領されたソラスズメダイ

見っけちゃった!



sorasuzume20150202.jpg

初めて肉眼で見ちゃった!


写真を撮り帰ってからのパソコン上でその存在に気付いた、ということは何度かありましたが、
あいつ怪しい・・・と水中で違和感を感じて覗いてみたらいる~!となったのは初めてでした。


なんの自慢?て話ですけど・・・。
なぜ違和感を感じたかというと、単にこいつ“口が閉じていなかった”んです。
スクランブル交差点とか歩いている時に感じる、
「あの人口開けっぱなしで歩いてる・・・埃いっぱい入りそう。」
という心配と似た感覚です。
ふと感じた違和感が目に止まったわけです。


なんとか撮ってやろうと粘っているうちに気づいたこと、この子体色が暗いんです。
ソラスズメダイと言えば、個体によって鮮やかな水色から黒っぽい色まで、
その体色が様々に変化することが知られています。

一般的には水温が低い時は黒くなるとか言われていて、弱っているから?なんて考えられているようです。
僕は6月、繁殖期のオスが黒くなっていることに気がつきました。
口の中に寄生虫がいる今回の個体も黒くなっていましたが、それは水温が低かったからかもしれないし、
なんとも言えません。

ただ、この子が隠れている穴に他のソラスズメ(色鮮やかな水色の個体)が逃げ込もう近寄ってくると、
すかさず突進して追い払っていたんです。
中に虫が入っていて閉じない口で、一生懸命相手を小突いている様子がなんとも言えない感じです・・・。
ここで疑問に思ったのは、
弱っている個体が他のサカナに攻撃することはできるのかってこと。
単にそう感じただけですが、
水温、あるいは寄生虫によってこの子が弱っているとはどうも思えませんでした。

でも、口が閉じないほどスペースを占めている虫がいて
まともに食事ができるとも思えないですね。

ソラスズメの謎はまだまだ続きます。

  1. 2015/02/03(火) 17:09:16|
  2. UPIS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラッパーになりきって新世代ガイドブログ

年末に行った紅白ブログ対決の負の遺産・・・いや違った、負けたチームへの罰ゲームを
新世代ガイドブログに投稿しました。

見てね♪
同じく負けた白組のメンバーが書いた罰ゲーム記事がどれも笑えるものだったので
自分も面白いもの書かなきゃってすごくプレッシャーを感じていました。
今回の記事が一番頭を抱えて、なんとかひねり出したって感じ。
結局笑える内容にはできず悔しい思いはありますが、
苦労して書き上げた文章ですから、満足です。

「韻を踏む」なんてお題で、決まったときは楽ちんじゃーんとか思っていたんです。
いやはや、歌手の方々がどれだけの思いで歌詞を生み出しているのか・・・。
どの立場で言ってんだよって思いますが、身に染みて感じました。


ラッパーまじすげえ。



そういえば1週間近くこのブログを更新していませんでした。
ホームページのリニューアルに追われる日々で、
加えて写真もスランプだし、気付けば更新が疎かに。

明日は、恒例にしていこうと考えている新世代ガイドブログに投稿した記事の裏話をアップ予定です。


  1. 2015/02/02(月) 15:19:36|
  2. 新世代ガイドブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

しょうた

Author:しょうた
八丈島のレグルスダイビングにて日々修行中の身。
アイコンは親方に作成してもらいました。
何故かダークなイメージを持たれている様子。
ブログのタイトルも考えてくれました。

コンパクトデジタルカメラcanon S90で水中写真の練習中


Facebookもやっています。
Ishino Shotaで探してみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (104)
UPIS (305)
水中撮影のコツ (12)
八丈の夜はHOTけNIGHT! (50)
八丈島観光 (4)
水族館デートでモテる (1)
ゲストとフォト (2)
歳時記 (0)
ビデオ (1)
産卵記録 (2)
新世代ガイドブログ (17)
ブダイ (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。