ダークなひととき

八丈島レグルスダイビングの新人スタッフ、しょうたの成長記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雷鳴轟くホタルイカモドキ

50年に1度の記録的な大雨が降った昨晩の八丈島。
一時、1時間あたり91.5mmという強烈な雨が降りました。
バケツをひっくり返したような雨とか表現されるけど、あれは滝、いや海でした。
海がそのまま落ちてきたように、空間を埋め尽くす雨が降ったんです。

観測史上最高の雨が降り出す少し前、僕はパッショーネの平川さんと一緒に海にいました。
理由はもちろん、HOTけNIGHT。
今月上旬に深海魚祭りで沸き立った底土で
潮流や月の満ち欠けがどれほど出物に影響するか調査してきました。


エントリーから30分くらいして少しずつ雨が降り始め、水面が騒がしくなってきた頃、
水中では平川さんがざわついていました。
それもそのはず、見たこともないイカがびくんびくんと舞っているではありませんか!
無我夢中で撮影しながら互いにライティングし合っているうちにある違和感に気付きました。
逃げ惑うイカの足が瞬間的に光ったように見えたんです。
もしかしてこのイカやばいやつじゃん。
目を凝らして観察していると、たしかに
内側から伸びる2本の足の先端が薄ら発光することがありました。
そして、目の付け根のところも、、、、光ってるーー!
これやばいイカじゃん。ヤバイカじゃん!


そもそも体が透き通っていて鮮やかに発色する赤と黄の内臓が、常識を揺るがすほどの美しさで
ほんとうに生きてるの?と何度も疑っていました。
そこにいるだけで美しい。間違いなく、世界で最も美しい生き物のひとつでした。



興奮冷めやらぬままエクジットして、
やばかったね~イカだったね~やばいね~って
2人して騒いでいるうちに、
雷ドゴン!雨ッダー!ってなってきて
これやばいじゃん!ってそそくさと退散しました。

そのまま阿部さんに連絡を撮ってみると、夜遅くにも関わらず電話で対応してくれました。
ホタルイカモドキ科という超レアな深海性イカの仲間で、
阿部さんもこれまでに1度しか見たことがないそうです。
日中は100~300mもの深さに生息していて、夜になると表層まで上がってくるという。
僕は昨日、本当に稀有な体験をしてしまったようです。
現在、阿部さんを通して専門家に同定をお願いしているところです。
結果が出るのが待ち遠しい。

昨晩はずっとヤバイカ、ヤバイカと連呼しながら踊り狂っていて、
土砂降りの轟音にかき消される避難勧告の島内放送すら上の空に
そのまま眠りについてしまいました。

  1. 2015/11/19(木) 16:31:19|
  2. 八丈の夜はHOTけNIGHT!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新種発見か、黒鰭のハナダイ | ホーム | 古見きゅうさんも参加したHOTけNIGHT>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lapislazuli1204.blog.fc2.com/tb.php/424-7800bc53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

しょうた

Author:しょうた
八丈島のレグルスダイビングにて日々修行中の身。
アイコンは親方に作成してもらいました。
何故かダークなイメージを持たれている様子。
ブログのタイトルも考えてくれました。

コンパクトデジタルカメラcanon S90で水中写真の練習中


Facebookもやっています。
Ishino Shotaで探してみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (104)
UPIS (305)
水中撮影のコツ (12)
八丈の夜はHOTけNIGHT! (50)
八丈島観光 (4)
水族館デートでモテる (1)
ゲストとフォト (2)
歳時記 (0)
ビデオ (1)
産卵記録 (2)
新世代ガイドブログ (17)
ブダイ (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。