FC2ブログ

ダークなひととき

八丈島レグルスダイビングの新人スタッフ、しょうたの成長記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春休みの思い出ー八幡野vol.2「前ボケフリソデエビ」

春休み中は、とにかく前ボケにハマっていました。
普段八丈では撮る機会がない、撮れる被写体が少ないと思っていましたが、
春休みダイビングで一番最初に選んだ八幡野へ行った時に、、、
生えものっていうんでしょうか、
ソフトコーラルがニョキニョキといろんなところから生えているのに驚いたんです。

八幡野の海は、人の手の形をした不思議なヒトデがいたり
前回紹介したワカヤマキヌヅツミ
ホタテエソ、アカメイロウミウシなど八丈にはいない種を色々と見せてもらいました。
何より、ダイビングショップ「海好き」の福田さんのガイドは
とっても気配りが行き届いて安心感ハンパなく、
八丈から僕が行くっていうんで
わざわざパッショーネの平川さんに
普段八丈で見られる種とか見せたほうがいいやつとかリサーチしてくださっていたようで。
本当嬉しいことです。

それなのに、なんと、
八丈でよく見ているはずのフリソデエビなんかに刺さってしまった!!
というのも、岩の上にポツンと立っていたから
「八幡野のフリソデはこんなとこにいるのか!!!!!!?」
と驚いてしまったんです。
生息環境の違いに衝撃を受けて撮影していると、
なにやら様子がおかしいことに気づきました。
この個体のように
片方のハサミ足がないということは八丈でも珍しくないのですが、
この子、ほとんど動きがなく今にも息絶えてしまいそうだったんです。
冷たい水温に耐え切れず、このまま越冬できずに絶命してしまうのでしょう。
八丈でも、黒潮が外れると水温ががくっと下がり多くの魚が苦境に立たされます。
こういった水温などの自然環境に変化に左右される命って儚くも美しい。。
なんとか、緑前ボケで可愛く撮ってあげたかったんですが、、、、
もう少しうまい撮りようがあったかな?


福田さん、、、リサーチを無駄にしてしまってなんだか申し訳ないです。。。

hurisodeebi_yawatao.jpg
Nikon D80, 105mmマクロ


  1. 2016/05/17(火) 17:26:42|
  2. UPIS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春休みの思い出in井田vol.2「目力を表現する」 | ホーム | センスで撮れ!ハナミノカサゴ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lapislazuli1204.blog.fc2.com/tb.php/496-cbc95d0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

しょうた

Author:しょうた
八丈島のレグルスダイビングにて日々修行中の身。
アイコンは親方に作成してもらいました。
何故かダークなイメージを持たれている様子。
ブログのタイトルも考えてくれました。

コンパクトデジタルカメラcanon S90で水中写真の練習中


Facebookもやっています。
Ishino Shotaで探してみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (104)
UPIS (305)
水中撮影のコツ (12)
八丈の夜はHOTけNIGHT! (50)
八丈島観光 (4)
水族館デートでモテる (1)
ゲストとフォト (2)
歳時記 (0)
ビデオ (1)
産卵記録 (2)
新世代ガイドブログ (17)
ブダイ (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。